令和2年8月3日(月)午前10時から、佐久平クリーンセンターの「火入れ式」が執り行われました。
 (火入れ式とは、はじめて焼却炉に着火する際に安全を祈願して行う儀式です)
 当日は、関係者約60名の皆様にご参列をいただきました。
 火入れ式は、受注者の荏原環境プラント株式会社 様と株式会社竹花組 様が主催となり、これからの施設運転の安全祈願と、組合長及びご来賓のご祝辞、主催者からのご挨拶の後、火入れが行われスクリーンにて着火を確認しました。
 今後は、12月の本格稼働を目指し、お盆過ぎから一部ごみの受入を開始、8月末から実際のごみを使用して試運転等を行ってまいりますが、引き続き安全と環境に配慮した工事を行ってまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。



<施設全景:ドローン撮影>

<安全祈願祭の様子>

<火入れ式の様子>

[施主あいさつ]    栁田清二 組合長
[来賓祝辞]  組合議会議長 市川稔宣 様
[点火]
左:荏原環境プラント株式会社 執行役員 三好敬久 様  中央:市川組合議長  右:栁田組合長
[炉に火が入った様子をスクリーンで確認しました]
[点火時] 中央制御室の様子